読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

相も変わらずいきいき素肌を作るケアを書いてみた

私がネットで集めていた情報ですが、「1g当たり6Lの水を蓄えられる能力があるヒアルロン酸は、皮膚やその他色々な部位に広く存在していて、皮膚では表皮の下にある真皮層内に多量にあるとの特色を有しています。」だと公表されているようです。

今日サーチエンジンで集めていた情報ですが、「現在は抽出技術が進み、プラセンタの中にある有効成分を非常に安全に取り出すことが可能な状況となり、プラセンタの持つ多様な注目すべき効果が科学的にきちんと立証されており、より一層詳しい研究も進んでいます。」な、提言されているそうです。

私がサーチエンジンで集めていた情報ですが、「肌の加齢対策として何はさておき保湿と適度な潤いを再度取り戻すということが重要だと言えますお肌に充分な水分を保有することで、角質防御機能が十分に発揮されるのです。」だという人が多いらしいです。

素人ですが、サイトでみてみた情報では、「水の含有量を除いた人の身体の約5割はタンパク質により占められ、その35%前後がコラーゲンとなっています。コラーゲンの持つ重要な役目として知られているのは全身のあらゆる組織を形作るための素材として利用されることです。」な、いわれているそうです。

私がサイトでみてみた情報では、「ヒアルロン酸が常に皮膚の真皮層で水分を豊富に保ち続けているおかげで、外の環境が種々の変化や緊張感で乾燥することがあったとしても、肌は大きなダメージを受けずにツルツルを維持した状態でいられるのです。」な、いう人が多いようです。

本日書物で調べた限りでは、「コラーゲンが欠乏状態になると肌の表層は肌荒れが起こったり、血管の壁の細胞が壊れて出血しやすい状態になる場合も多々あります。健康な日々のためには欠かすことのできない物質であるのです。」のように考えられているとの事です。

つまり、全身のコラーゲンは高い柔軟性を有する繊維状組織であって細胞間を密着させることをする機能を果たし、強力な保水能力で有名なヒアルロン酸は繊維状のコラーゲンの隙間を埋める形で、水分の蒸散を阻止する機能を果たします。」だと提言されているみたいです。

本日ネットでみてみた情報では、「プラセンタとは英語でPlacentaと綴り胎盤を指すものです。化粧品や健康食品・サプリメントで近頃ひんぱんにプラセンタ高濃度配合など目にしますが、これ自体臓器としての胎盤のことをいう訳ではないので怖いものではありません。」のように解釈されているそうです。

本日検索で探した限りですが、「注目されている美容液というのは、美容に効果のある成分をギュッと濃縮して、高い濃度で配合しているエッセンスで、間違いなく手放せなくなるものということではありませんが、つけてみたら翌日の肌のハリ具合や瑞々しさの歴然とした差に衝撃を受けるはずです。」と、考えられているそうです。

それはそうと私は「水分保持能力のあるヒアルロン酸が皮膚の真皮部分で水分をいっぱいに維持してくれるから、周りの世界が様々な変化や緊張感によって乾燥状況となることがあっても、肌はつるつるツルツルのままの綺麗な状態でいることができるのです。」だと提言されているそうです。