読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

今日も私が知ってるつやつや素肌方法をまとめてみた

私がサーチエンジンでみてみた情報では、「丁寧に保湿をして肌そのものを良好にすることで、紫外線の吸収を最小限に制御し、乾燥が招く多様な肌のトラブルや、それ以外にもニキビができたところに残った跡が色素沈着を起こしてしまうことを事前に抑止することになるのです。」と、いわれているみたいです。

このため私は、「、保湿のポイントになるのは角質層全体の水分量です。保湿効果のある成分が贅沢に含まれた化粧水で角質層の奥まで潤いを届け、プラスした水分量が失われないように、乳液やクリームなどを使ってオイル分のふたをするといいでしょう。」のように提言されているそうです。

私が書物でみてみた情報では、「セラミドは表皮の一番外側にある角質層を健康な状態で維持するためにとても重要な要素であることがわかっているため、加齢肌やアトピーで乾燥した肌にはセラミドの継続した補充は何としても欠かさずに行いたいことでもあります。」だと結論されていみたいです。

素人ですが、色々調べた限りでは、「美容液というのは肌の深い部分までしっかり行き渡って、肌を根源的なところから元気づける栄養剤です。美容液の重要な役目は、通常の化粧品では到達しない肌の「真皮」の層まで必要とされる栄養成分を送り届けてあげることです。」と、提言されているとの事です。

素人ですが、色々調べた限りでは、「市販のプラセンタの原料には使用される動物の種類とそれ以外に、日本産と外国産の違いがあります。厳格な衛生管理のもとでプラセンタが加工されているため信頼性を望むのなら当然日本で作られたものです。」な、結論されてい模様です。

さらに私は「たっぷりコラーゲンを含んだ食品や食材を普段の食事にどんどん取り入れ、その効能で、細胞同士が更に固く結びついて、水分を守ることが叶えば、弾力があって瑞々しい美肌と言われる肌が手に入るのではないかと推測します。」と、いわれているみたいです。

素人ですが、文献で集めていた情報ですが、「よく聞く高機能成分セラミドにはメラニンの合成を気になるシミやそばかすを防御する美白作用と肌への保湿で、カサつきや小じわ、ざらざら肌などの肌の悩みを阻止してくれる抜群の美肌機能を保持しています。」な、結論されていようです。

今日色々みてみた情報では、「1g当たり6Lの水を抱え込める能力を持つヒアルロン酸は、皮膚やその他色んな場所に分布していて、皮膚の中でも特に真皮と呼ばれる部位に多量にある特色を有するのです。」のように考えられているらしいです。

私が色々探した限りですが、「この頃は抽出技術が向上し、プラセンタが持つ効能のある成分をとても安全に抽出することができるようになり、プラセンタの持つ多くの効果効能が科学的にきちんと立証されており、更に詳しい研究もなされているのです。」だと提言されているとの事です。

さて、最近は「通常は市販されている美肌化粧品や健康補助食品・サプリに使用されているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが使用されています。品質的な安全性の面から判断した場合、馬や豚の胎盤を原料としているものが現在のところ最も安心だといえます。」だといわれている模様です。