読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

本日もなんとなーく弾力のある素肌を保つケアについて綴ってみた

本日サーチエンジンで探した限りですが、「コラーゲンの持つ効き目で、肌に若いハリが再び蘇り、加齢によりシワやタルミを健全な状態に整えることが実現できるわけですし、その上に水分不足になった肌に対するケアも期待できます。」と、解釈されているようです。

私がサーチエンジンで探した限りですが、「肌がもともと持っているバリア機能で水分の蒸散を防ごうと肌は頑張っているのですが、その大切な働きは年齢を重ねるとともに徐々に衰えてくるので、スキンケアを意識した保湿により届かなくなった分を補うことが大切になります。」のように公表されているようです。

本日検索で集めていた情報ですが、「若々しい健康的な肌にはセラミドが多量に含まれていて、肌も張りがあってしっとりつやつやしています。ところが悲しいことに、歳を重ねる度に角質層のセラミド量はわずかずつ低下します。」だと考えられているらしいです。

それじゃあ私は「 「無添加ブランドの化粧水をいくつかある中で選んでいるので安心できる」と楽観している方、その化粧水は実際に無添加なのでしょうか?あまり知られていないことですが、有害性があるとされる100種類以上の成分の中の1つを入れていないというだけでも「無添加」を謳って何の問題もないのです。」のようにいわれていると、思います。

その結果、 成人の肌の悩みの要因は主にコラーゲン量の不足によるといわれています。皮膚のコラーゲンの量は年を追うごとに減少し、40歳代の時点で20歳代の頃の約5割程度しかコラーゲンを作り出すことができません。」と、結論されていようです。

今日検索で探した限りですが、「1g当たり約6リットルもの水分を巻き込むことができる成分であると言われるヒアルロン酸は、人間の身体の皮膚を始め様々なところに広く存在していて、皮膚の表皮の下にある真皮といわれるところに多量にある特徴を有するのです。」な、考えられているらしいです。

それじゃあ私は「 世界史に残る類まれな美しい女性とされ名を刻んだ女性達がプラセンタを美容や健康の維持と若さの保持を目的として愛用していたといわれ、古代よりプラセンタの美容への有用性が知られていたということが推定されます。」な、解釈されているようです。

今日色々みてみた情報では、「美容関連の効果を狙いとして使用されるヒアルロン酸は、究極の保湿効果を基本方針としたコスメ製品や健康食品・サプリなどに有効に活用されたり、危険性が少ないことからヒアルロン酸注射というアンチエイジング治療法としても広く用いられているのです。」のようにいう人が多いようです。

再び私は「水をカウントしない人間の身体の50%はタンパク質によって占められていて、そのうちのほぼ3〜4割がコラーゲンです。コラーゲンが担う主な役目は身体や内臓を産生する資材となるという点です。」と、公表されているそうです。

本日文献で調べた限りでは、「セラミドは肌を潤すといった保湿効果の向上とか、皮膚から水分が蒸発してしまうのを抑制したり、外側から入る刺激あるいは雑菌などの侵入を阻止したりするような役目をしてくれているのです。」のように提言されているらしいです。