読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

突然ですがツルツル素肌を作る方法についての考えを書いてみます。

なんとなく書物で集めていた情報ですが、「赤ん坊の肌がプリプリに潤って張りやツヤがあるのはヒアルロン酸をたっぷりと体内に保有しているからに違いありません。保水作用が非常に高い物質であるヒアルロン酸は、肌の水分を守る化粧水のような基礎化粧品に保湿成分として使用されています。」だと公表されているみたいです。

むしろ今日は「化粧品の中でも美容液と言われると、高額で何かしらハイグレードな印象。歳を重ねるにつれて美容液に対する期待感は高まるものですが、「贅沢品かも」「まだ早いかも」と考えて買うことをためらっている女性は多いと思います。」だと公表されている模様です。

なんとなく書物で集めていた情報ですが、「乳液とかクリームを塗らずに化粧水だけを使用する方も結構多いと聞きますが、このやり方ははっきり言って大きな誤り。保湿をきっちりとしないために脂が多く出ることになったりニキビが出てしまったりする場合があります。」な、公表されているそうです。

なんとなく書物で探した限りですが、「基本的には、体内の水分保持を狙うにはヒアルロン酸を1日約200mg超摂取し続けることがお勧めなのですが、ヒアルロン酸が含まれている食品や食材はあまり流通しておらず、毎日の食事から身体に取り込むのは思っている以上に難しいことなのです。」な、提言されているそうです。

私がネットで探した限りですが、「美肌作りに欠かせない美容液は基礎化粧品のひとつであって、顔の汚れを綺麗に落とした後に、十分な水分を化粧水で吸収させた後の皮膚につけるというのが代表的な用法です。乳液状の形態のものやジェルタイプになっているものなどが存在します。」と、考えられているみたいです。

素人ですが、ネットで調べた限りでは、「体内のヒアルロン酸量は乳児の頃が一番多く、30代を過ぎるころから急激に少なくなり、40代を過ぎると赤ちゃん時代と比較してみると、ほぼ5割まで減ってしまい、60代を過ぎると著しく減少してしまいます。」と、解釈されているようです。

今日書物でみてみた情報では、「健康で若々しく美しい肌を保つには、多くのビタミン類を取り入れることが不可欠ですが、それに加えて皮膚の組織と組織を結びつける貴重な役割を持つコラーゲン生成のためにも欠かしてはいけないものなのです。」だと解釈されているみたいです。

なんとなく色々探した限りですが、「世界史に残る美女と後世に伝えられる女性達が哺乳類の胎盤であるプラセンタを美容と若さを保つことを目論んで愛用していたといわれ、かなり古くからプラセンタの美容への有用性が知られていたということが見て取れます。」だと考えられているそうです。

そこで「コラーゲンのたっぷり入ったタンパク質系の食材を意識的に摂取し、それによって、細胞と細胞がなお一層強く結びついて、水分の保持が出来れば、ふっくらとしたハリのあるいわゆる美的肌を作ることができるのではないでしょうか。」な、考えられているらしいです。

今日サイトで集めていた情報ですが、「美白のお手入れに気をとられていると、どうしても保湿がポイントであることを忘れてしまいそうになることも多いのですが、保湿のことも入念に取り組まないと期待ほどの成果は得られないなどというようなことも考えられます。」だと提言されている模様です。