読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

今日もヒマをもてあましてマイナス5歳肌を保つ方法についての考えを書いてみる

なんとなくサーチエンジンで集めていた情報ですが、「気になる毛穴のケアについて問いかけてみたところ、「毛穴引き締め作用のある化粧水などで肌理を整えてケアする」など、化粧水メインでケアを実施している女性は全ての回答者の25%くらいにとどまってしまいました。」のように結論されていようです。

こうして「理想的には、ヒアルロン酸の美容効果を体感するには毎日200mg超体内に取り入れることが必須条件となるのですが、ヒアルロン酸が含まれている食品や食材は極端に少なく、普段の食生活の中で摂取するというのは困難だと思われます。」のように公表されているようです。

つまり、美容液というアイテムは肌の奥深いところまでしっかり届いて、肌を内部から活性化してくれる栄養剤の働きをします。美容液の一番の働きは、別の基礎化粧品が届かない「真皮」まで適切な栄養分を届けてあげることになります。」と、いわれている模様です。

私が文献でみてみた情報では、「世界の歴史上の類まれな美しい女性とされ有名な女性達が直接胎盤を食べる形でプラセンタを美容や健康と若さを保つことを目論んで愛用していたとされ、紀元前の昔からプラセンタの美容に関する効果が経験的に知られていたことが感じられます。」のように考えられているそうです。

さらに今日は「乳液やクリームのような油分を塗らないで化粧水のみ塗る方もいらっしゃると想定されますが、このケアは現実的には決定的な勘違いです。保湿を着実に実施しなかったがために反対に皮脂の分泌が多くなったりニキビが出やすくなったりする場合が多いのです。」と、公表されているようです。

こうして私は、「セラミドは肌の潤い感のような保湿の機能を向上させたり、肌水分が出て行ってしまうのを蓋をするようにして防いだり、周りから入る刺激あるいは細菌や黴菌の侵入を押さえたりする働きを担っています。」のように考えられていると、思います。

なんとなくサイトで調べた限りでは、「「無添加の化粧水を選ぶようにしているので間違いはない」などと思った方、その化粧水は真に無添加ですか?あまり知られていないことですが、1つの添加物を配合していないというだけでも「無添加」を謳って構わないのです。」な、いわれているようです。

今日サーチエンジンでみてみた情報では、「できれば美容効果を得るにはヒアルロン酸を1日約200mg超摂取することが一番なのですが、ヒアルロン酸を含有する食品はそれほど多くなく、日常の食生活において経口摂取することは困難なのです。」な、公表されている模様です。

ちなみに私は「この頃の化粧品のトライアルセットは低価格で少量ずつ提供されていますから、複数の商品を試しに使ってみることができてしまうだけでなく、通常品を買い入れるよりもすごくお得!インターネットで注文することが可能なので非常に便利です。」だと考えられているそうです。

素人ですが、文献でみてみた情報では、「身体に大切と言われるコラーゲンは、人間や動物の身体を形成する何よりも一般的なタンパク質であり、皮膚や骨、関節など生体の様々な場所にあって、細胞を支えるためのブリッジに例えられるような役割を果たしていると言えます。」のように公表されていると、思います。