読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

本日もダラダラしてますがツルツル素肌を作るケアについての考えを綴ってみる

私がネットでみてみた情報では、「多くの成長因子を含むプラセンタは絶えずフレッシュな細胞を生み出すように促す作用があり、身体の外側だけでなく内側から組織の隅々まで行き渡って一つ一つの細胞から弱った肌や身体の若返りを図ります。」だと公表されているらしいです。

それで、強力な保水力で有名なヒアルロン酸は細胞間物質として細胞と細胞の間に多く分布していて、健康な美しい肌のため、保水作用の保持とか吸収剤のように衝撃を緩和する役目をして、一つ一つの細胞を保護しています。」な、解釈されているようです。

なんとなくネットでみてみた情報では、「多くの市場に出回っている美肌用の化粧品や健食に使われているプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが使われています。安全性の面から判断しても、馬や豚が原料になっているものが最も安心感があります。」だと解釈されているみたいです。

今日サーチエンジンで集めていた情報ですが、「「無添加と書かれている化粧水を意識して選んでいるので安心だ」と油断している方、その化粧水は真に無添加ですか?実のところ、添加物の中の1つを配合しないだけでも「無添加」と表示して特に支障はないのです。」と、公表されているみたいです。

たとえば私は「ヒアルロン酸は乳幼児の頃が最大で、30代を過ぎるころから急激に減少速度が加速し始め、40代にもなると乳児の頃と比較してみると、約5割程度に減少してしまい、60代の頃には著しく減少してしまいます。」と、考えられているそうです。

今日サーチエンジンで探した限りですが、「体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃に最も豊富で、30代を過ぎると一気に減少していき、40歳代では赤ちゃんの頃と比較すると、5割ほどにまで減り、60代にもなるととても少なくなってしまいます。」だと考えられているらしいです。

素人ですが、色々みてみた情報では、「老化へのケアとの方法としては、なにしろ保湿を重視して実践することが何よりも求められることで、保湿専門に開発された基礎化粧品で教科書的なお手入れすることが大事なカギといえます。」のように解釈されているとの事です。

それはそうと私は「世界史の歴代の絶世の美女と有名な女性達が胎盤を直接食する方法でプラセンタを美容と若々しさの維持に期待して愛用していたとの記録があり、相当昔からプラセンタが美容に大変有益であることが広く浸透していたことが推測できます。」だと解釈されているようです。

本日書物で集めていた情報ですが、「ヒアルロン酸の保水する能力に対しても、セラミドが角質層において有益に皮膚の保護バリア能力を発揮してくれれば、皮膚の保水作用が高まることになり、潤いのある瑞々しい肌を」な、公表されているそうです。

私がネットで調べた限りでは、「肌の防御機能によって水分を溜めておこうと肌は頑張り続けているのですが、その優秀な作用は加齢に影響され徐々に衰えてくるので、スキンケアを意識した保湿によって要る分を補うことがとても重要です。」と、考えられているらしいです。