読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

なんとなーくピン!としたハリ肌になるケアを書いてみた

素人ですが、サーチエンジンで集めていた情報ですが、「水以外の人体のほぼ5割はタンパク質によって占められていて、そのうちの35%前後がコラーゲンです。コラーゲンが担う重要な役割として知られているのは身体の皮膚や筋肉、臓器などのあらゆる組織を構築する原材料になっていることです。」と、提言されている模様です。

私がネットで探した限りですが、「美容液といえば、かなり高価で何となくとても上質なイメージがあります。歳とともに美容液への好奇心は高まる傾向がありますが、「贅沢品かも?」「まだ早いかも?」と思いきれない気持ちになっている女性は結構多いのではないかと思います。」と、結論されていようです。

それはそうと最近は。コラーゲンという成分はタンパク質の一つで、多くのアミノ酸が繊維状にくっついて出来上がっている化合物を指します。生体を構成する全てのタンパク質の約30%超がこのコラーゲンという物質によって作られているのです。」だという人が多いようです。

今日色々集めていた情報ですが、「コラーゲンという生体化合物は高い柔軟性を有する繊維状タンパク質の一種で細胞と細胞をくっつけるために機能し、優れた保湿成分として有名なヒアルロン酸は繊維状のコラーゲンの隙間を埋める形で、水分が不十分となることを予防します。」な、公表されているそうです。

それはそうと「1g当たり6Lの水を抱き込むことができる能力を持つヒアルロン酸は、人間の身体の皮膚を始めあらゆる部位に分布していて、皮膚では表皮の下にある真皮といわれる部位に多量にあるという性質を備えます。」だという人が多いようです。

今日検索でみてみた情報では、「保湿のポイントになるのは角質層に水分が行き割ることです。保湿効果のある成分がふんだんに添加された化粧水で角質層を水分で満たし、補った水分量が逃げていかないように、乳液やクリームを使って油分でふたをします。」だと提言されているらしいです。

私がサーチエンジンで集めていた情報ですが、「市販のプラセンタにはどの動物由来であるかの相違とその他に、日本産と外国産の違いがあります。厳重な衛生管理がされる中でプラセンタを作っているため信頼性を望むのなら当然ながら日本産のものです。」な、いわれているようです。

私が書物でみてみた情報では、「保湿の主要なポイントになるのは角質層の潤いなのです。保湿成分がふんだんに使われた化粧水で角質層の奥まで潤いを届け、補充した水分量が飛んで行かないように、乳液やクリームをつけることでしっかりとふたをしましょう。」な、いう人が多いと、思います。

私が色々調べた限りでは、「化粧水の持つ重要な役割は、潤いを行き渡らせることではなく、肌が本来持っている自然な力が十分に発揮されるように、肌表面の健康状態を整備することです。」のようにいう人が多い模様です。

まずは「セラミドは皮膚の表層にある角質層を健康な状態で維持するために大変重要な物質であることから、加齢により老化した肌やアトピー性皮膚炎の肌にはセラミドの継続した補充は可能な限り欠かさず行いたい対策法です。」だと解釈されていると、思います。