読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

今日もなんとなくきれいな肌を保つ方法の要点を書いてみました

私が色々調べた限りでは、「タンパク質の一種であるコラーゲンという物質は伸縮性の高い繊維状組織であって細胞をつなぎ合わせる作用をして、高い保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲン繊維でできた網目状のネットワークの隙間を埋める形で、水が逃げてしまうことを食い止める働きをします。」な、公表されているらしいです。

このため私は、「、主婦が好む美容液とは、美容に効果のある成分をできる限り濃くして、高濃度に含有させたエッセンスで、誰であっても確実に不可欠となるものということではありませんが、試しにつけてみると翌朝目覚めた時の肌の弾力や保湿感の大きな差に驚かされることでしょう。」だと考えられているらしいです。

今日検索で調べた限りでは、「皮膚の表面にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質より構成された角質層といわれる膜が覆うような形で存在しています。この角質層を形成する角質細胞の間をモルタルのように埋めているのが話題の「セラミド」と呼ばれる生体内脂質の一つです。」のように提言されていると、思います。

本日検索で調べた限りでは、「本当ならば、ヒアルロン酸の潤い効果を得るためには1日に200mg程度摂り続けることがお勧めなのですが、ヒアルロン酸を含む食品はごくわずかで、普通の食生活を通して体内に取り込むというのは困難だと思われます。」な、いう人が多いみたいです。

それはそうと最近は。美容液なしでも若々しい美肌を持ち続けることが可能なら、それはそれでいいと考えられますが、「少し物足りない」と考える場合は、年齢とは別に使い始めていいのではないかと思います。」だという人が多い模様です。

今日文献で調べた限りでは、「美白のための肌のお手入れを頑張っていると、無意識に保湿が重要であることを意識しなくなることがあるのですが、保湿も丁寧に実行しておかないと期待通りの結果は見れなかったというようなことも想定されます。」な、公表されているらしいです。

素人ですが、サイトで集めていた情報ですが、「ほとんどの女性が洗顔の後にほぼ連日使うであろう“化粧水”。であるからこそ化粧水の品質にはなるべく気を付ける必要がありますが、真夏の暑い時期にやたらと気になる“毛穴”のケアにも引き締め効果のある化粧水はとても役立つのです。」と、解釈されているらしいです。

つまり、「無添加と書いてある化粧水を使用しているから心配する必要はない」と思っている方、その化粧水は間違いなく無添加かどうか確認しましたか?一般にはあまり知られていませんが、添加物の中の1つを抜いただけでも「無添加」と表現して構わないのです。」と、提言されていると、思います。

今日検索でみてみた情報では、「歳をとったり強い陽射しにさらされたりすることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは弾力性を失い固まってしまったり体内含有量が減少します。これらが、肌の硬いシワやたるみが出現してしまう主な原因になります。」な、提言されている模様です。

それはそうと今日は「セラミドを食品・食材や健康補助食品サプリメントなどの内部からと、化粧水や乳液などの外部から摂ることを実施することで、とても能率的に健全な肌へ誘導することが実現できる発表されています。」と、結論されていとの事です。