読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

どうでもいいけど美肌の情報を書いてみます。

素人ですが、検索で集めていた情報ですが、「「美容液」と一言でいいますが、いろんなものがありまして、簡単に一言で定義づけをするのはちょっと難しいと思いますが、「化粧水と比較して多めに薬効のある成分が使われている」という表現 と近い感じだと思われます。」な、公表されているとの事です。

私が文献で集めていた情報ですが、「多種類の成長因子が含まれるプラセンタは休むことなく若くて元気な細胞を速やかに作るように働きかける力を持ち、外側と内側から組織の隅々まで細胞という基本単位から衰えてきた肌や身体の若さを取り戻します。」な、いう人が多いとの事です。

再び今日は「赤ん坊の肌が潤いに満ちて張りや弾力があるのはヒアルロン酸をふんだんに体内に持っているからに違いありません。保水作用がかなり高い成分のヒアルロン酸は、皮膚の瑞々しさを保持する化粧水や美容液に添加されています。」な、公表されているそうです。

私がサイトでみてみた情報では、「通常女性は朝晩の化粧水をどんな感じで使うのでしょうか?「手を使って直接つける」などのような回答をした方がかなり多いという結果が得られ、「コットン派」の方は少数ということになりました。」な、考えられているとの事です。

むしろ今日は「コラーゲンをたっぷり含むタンパク質系の食材を日常の食事で意識して摂取し、その働きによって、細胞同士が更に密接に結びついて、水分を守れたら、ピンとしたハリのある美肌になれると考えます。」と、いわれている模様です。

なんとなく書物で集めていた情報ですが、「洗顔料で顔の皮脂汚れなどを落とした後は放っておくと化粧水が肌へしみこむ割合はどんどん減少していきます。また洗顔料により汚れを落とした後がもっとも乾燥が悪化するので、短時間のうちに保湿できる化粧水をつけるようにしないと乾燥肌の悪化につながります。」だと解釈されているとの事です。

今日文献で探した限りですが、「体内のヒアルロン酸の量は乳幼児の時が生成量のピークで、30代以降は急激に減少速度が加速し始め、40代の頃には赤ちゃん時代と比較してみると、ほぼ5割まで激減してしまい、60代の頃には相当の量が失われてしまいます。」と、結論されていみたいです。

なんとなく書物で集めていた情報ですが、「セラミドは肌の角質層の中において、細胞同士の間でスポンジのような構造で水や油分を閉じ込めて存在する物質です。肌や毛髪をうるおすためになくてはならない働きをするのです。」と、公表されているそうです。

このため、皮膚の真皮層の70%がコラーゲンから成り立ち、角質細胞の隙間を埋めるような形で繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌のハリや弾力を維持し、シワやたるみのない若々しい肌を守り続ける真皮を形成するメインの成分です。」な、結論されてい模様です。

素人ですが、サーチエンジンで集めていた情報ですが、「老化によって肌に深いシワやたるみが生じるのは、欠かしてはいけない大事な構成成分だと言われるヒアルロン酸の体内量が乏しくなってしまい潤いに満ちた肌を維持することが困難になってしまうからなのです。」だと考えられていると、思います。