読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

本日も取りとめもなく美肌テクについての考えを書いてみます。

今日ネットで調べた限りでは、「美しさを維持するためには欠かすことのできない存在のプラセンタ。安定的な供給が可能になった現在は基礎化粧品や栄養補助食品など数多くの品目に添加されています。ニキビやシミの改善や美白など色々な効果が見込まれる美容成分です。」な、解釈されているらしいです。

本日書物で集めていた情報ですが、「最近のスキンケアには欠かせない美容液は肌の奥底まで行き渡って、根本より活性化してくれる栄養剤の働きをします。美容液の仕事は、他の一般的な化粧品では不可能な肌の「真皮」の部分にまで適切な栄養成分を確実に送り届けることです。」のようにいう人が多いようです。

本日サイトでみてみた情報では、「保湿が目的の手入れと共に美白のためのスキンケアもしてみると、乾燥の影響で発生する肌のトラブルの悪い巡りを封じ、理にかなった形で美白のためのスキンケアを目指せる追求できるという理屈なのです。」と、提言されていると、思います。

なんとなく文献で探した限りですが、「1gにつき約6リットルの水分を保持することができるという特徴を持つヒアルロン酸は、皮膚のほかにも多岐にわたる場所に含有されており、皮膚の中の真皮といわれる部位に多量にある性質を備えます。」な、いわれているようです。

私がネットで探した限りですが、「気になる毛穴のケアについて質問してみた結果、「引き締め効果の高い専用の化粧水でケアを工夫している」など、化粧水の力でケアを行っている女性は皆の25%程度になるとのことでした。」な、解釈されているようです。

それはそうと私は「タンパク質の一種であるコラーゲンは柔軟性に優れた繊維性たんぱく質で細胞をくっつけるための役割を果たし、優れた保湿成分として有名なヒアルロン酸は繊維状のコラーゲンの隙間を埋める形で、水分が足りなくなることを防ぎます。」な、結論されていと、思います。

たとえばさっき「成長因子が多く含まれるプラセンタは休む間もなく元気な若い細胞を作り古いものと入れ替えるように働きかける作用があり、体の奥から組織の端々まで一つ一つの細胞から肌だけでなく身体全体の若々しさを取り戻しれくれます。」な、いう人が多いと、思います。

素人ですが、サーチエンジンで集めていた情報ですが、「ヒアルロン酸は赤ん坊の時が一番豊富で、30代以降は急激に低減し始め、40代を過ぎる頃には赤ちゃんの時期と比較すると、50%ほどに落ち、60歳代では本当に少なくなってしまいます。」と、公表されている模様です。

素人ですが、ネットでみてみた情報では、「特別にダメージを受けて水分不足になった肌のコンディションでお悩みの方は、身体が必要とするコラーゲンがたっぷりとあれば、必要な水分が守られますから、ドライ肌へのケアに有益なのです。」と、いう人が多いようです。

今日色々みてみた情報では、「セラミドは皮膚の表層にある角質層を健康な状態で維持するために大変重要な物質であることから、加齢により老化した肌やアトピー性皮膚炎の肌にはセラミドの継続した補充は可能な限り欠かさず行いたい対策法です。」のように提言されている模様です。