読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30からのスキンケアしか残らなかった 

ヒマなアラフォー主婦が日常で感じたことや美容&健康のことを不定期で綴っています。

本日もくだらないですが、愛され素肌ケアの要点を綴ってみました。

なんとなく色々調べた限りでは、「美容液という言葉から思い浮かぶのは、価格が高くなぜか高級な印象を持ってしまいがち。年齢が上がるにつれて美容液への好奇心は高くなりますが、「贅沢品かも」「まだ早いかも」と考えて買うことをためらっている女性は多いように感じます。」だと提言されているみたいです。

たとえば私は「きめ細かい保湿して肌の様子を元に戻すことで、紫外線の吸収を徹底的に抑え、乾燥が原因で起こる憂鬱な肌問題や、更にはニキビが治った跡が黒ずんだ色素沈着の誘因になる危険性を未然防止することも可能になるのです。」のように考えられている模様です。

本日サイトで集めていた情報ですが、「ヒアルロン酸とははじめから生体内のいろんな場所に含まれている、ネバネバとした粘稠な液体のことを言い、生化学的に表現すればムコ多糖類と呼ばれる化合物の一つだと紹介できます。」と、考えられているとの事です。

本日ネットで探した限りですが、「プラセンタというのは英語で哺乳動物が妊娠した際に作られる胎盤を示しています。化粧品や美容サプリなどで近頃よく厳選したプラセンタ含有など見ることがありますが、これ自体器官としての胎盤のことをいうのではないので不安に思う必要はありません。」だと考えられているようです。

このため私は、「、世界史の歴代の絶世の美女と誉れ高い女性達が動物の胎盤であるプラセンタを美容と若さの保持を目的として使用していたとされ、古代からプラセンタの美容への有効性が広く浸透していたことが感じられます。」だと結論されていようです。

なんとなく文献でみてみた情報では、「コラーゲンという物質は柔軟性を有する繊維状のタンパク質で細胞間をくっつけるための役割を果たし、水分保持能力のあるヒアルロン酸はコラーゲン繊維から構成される網目構造の隙間に存在することにより、水分の不足を阻止する働きをします。」と、解釈されていると、思います。

今日書物でみてみた情報では、「老化によるヒアルロン酸の体内量の低減は、肌の若々しさを著しくダウンさせるというだけでなく、肌のハリも奪ってカサつく乾燥肌やシミ、しわができる一番の原因 だと言われています。」な、いう人が多い模様です。

本日色々みてみた情報では、「自然界では他にほとんど見られない成長因子を含むプラセンタは休む間もなくフレッシュな細胞を作るように促す力を持ち、内側から全身の組織の端々まで一つ一つの細胞から肌や全身を若々しくしてくれるのです。」だという人が多いと、思います。

本日サーチエンジンでみてみた情報では、「毎日のお手入れに不可欠な化粧水を肌に塗る時には、まず程よい量を手のひらのくぼみに乗せ、体温に近い温度にするような感じで掌にゆったりと伸ばし、顔全体に万遍なくソフトなタッチで溶け込むように馴染ませます。」のように解釈されているとの事です。

素人ですが、色々探した限りですが、「世界の歴史上屈指の美女として名を残す女性達が哺乳類の胎盤であるプラセンタを美容とアンチエイジングのために使っていたとされ、古代からプラセンタの美容への高い効果が知られて活用されていたことがうかがい知れます。」だと公表されているとの事です。